娯楽系

ハングライダーとは?体験料金、資格や免許有無等を簡単に解説

ハングライダーとは

大きな機体に乗って空を飛ぶことができるスカイスポーツ。

一人で飛ぶには技能証フライヤー登録が必要。

スカイダイビングとの違い

スカイダイビングは上空からの落下がメインなので、

空を飛ぶのではなく飛び降りる感覚。

詳しくはこちら↓をご覧ください。
スカイダイビングとは?料金やライセンス等簡単に解説

パラグライダーとの違い

翼の形状や構造、操縦方法が異なる。

ハングライダーのような金属製の骨組みがなく、ナイロンのような丈夫な布でできている。

詳しくはこちら↓をご覧ください。
パラグライダーとは?体験料金、資格や免許有無等を簡単に解説

体験できる場所・料金

人気おすすめ2選だけ抜粋。

忍野スカイスポーツ倶楽部(山梨県)

富士山を空から楽しめるのが特徴。

料金

15分コース:5500円

90分コース:19800円

京都エアースポーツ(滋賀県)

琵琶湖を一望でき、荒神山のパノラマを堪能できる。

料金

120分:9900円

資格について

一人でハングライダーで飛行するには「フライヤー登録」「技能証」が必要。

「フライヤー登録」は強制ではないが、飛行できないエリアがほとんど。

技能証を取得するには全国各地にあるハンググライダースクールに通い講習を受ける。

講習費用はスクールによって違う。

Skytryスクールではコースによるが月9500円-1年間。おそらく初期費用はプラスαかな?

技能証は「練習生A級」「練習生B級」「練習生C級」「パイロット証」に分かれており、

パイロット証を取得すると教員の同伴なしに飛行できるようになる