定期テスト”目標設定”~勉強の仕方を学ぼう①~

皆さん、こんにちは。ナレッジの三澤です。

今回は定期テストに向けた試験に向けた”目標設定”の本質部分についてお話していきましょう。

まず、定期テストでいい結果を残すためには、自分の目標を定める事が重要になります。
なぜ”目標”が必要なのか・・・

それは・・・パフォーマンスを高める効果がある。

つまり、目標設定により人のパフォーマンスを最大限引き出すことができます!

このパフォーマンスを高める理由はいくつかありますが、主要なロジックは以下のとおりです。

目標設定が人のパフォーマンスを高める理由
①限られた時間を目標達成に集中させるようになる【行動の積み上げ】
目標の達成に関する事柄に、より多く意識も行動も集中させるようになり、1日の中で目標に関することに費やす時間が増える
 
②自発的により高い負荷で行動するようになる【集中力】
より粘り強く、より集中して、目標達成に関するタスクを遂行するようになり、目標達成に近づくタスクの品質が高まる
 
③モチベーションがより持続するようになる【継続力】
タスクに取り組む時間が長くなったり、より長い期間において目標達成に向けた取り組みを持続するようになる
 
④優れたアイデアが生まれるようになる【発想力】
通常では思いつかないような、創造的な目標達成の手段を発想するようになり、行動の効率性・生産性が高まる

正しく目標を設定できればこれら4つのからくりが働き、その人の生産性やパフォーマンスが飛躍的に向上し、結果として目標が達成されることとなります。これは、反対から言えば、これら4つのメリットが実感的でいない場合には目標の設定がうまくいっていないということ。目標達成に取り組んでいる場合は

行動の積み上げ・集中力・継続力・発想力が高まっているか?

この4つの要素を意識することで、意味のある取り組みになっているのかを確認することができます。

今回は大前提となる”目標設定”の意義についてお話をしましたが、
次回、目標達成確立を上げる”目標設定”のテクニックについてお話をしていきます。

タイトルとURLをコピーしました