娯楽系

パラグライダーとは?体験料金、資格や免許有無等を簡単に解説

パラグライダーとは

空を飛ぶことができるスカイスポーツ。

一人で飛ぶには技能証フライヤー登録が必要。

スカイダイビングとの違い

スカイダイビングは上空からの落下がメインなので、

空を飛ぶのではなく飛び降りる感覚。

詳しくはこちら↓をご覧ください。
スカイダイビングとは?料金やライセンス等簡単に解説

ハングライダーとの違い

翼の形状や構造、操縦方法が異なる。

ハングライダーは翼に金属製の骨組みがあるが、

パラグライダーはナイロンのような丈夫な布でできている。

詳しくはこちら↓をご覧ください。
ハングライダーとは?体験料金、資格や免許有無等を簡単に解説

体験できる場所・料金

人気おすすめ2選だけ抜粋。

サニーサイドアウトドアスクール(静岡県)

富士山がきれいに見えるのが特徴。

料金

1時間半:6600円

鳥取砂丘パラグライダー体験スクール

鳥取砂丘と日本海を見れるのが特徴。

料金

2~3時間:10000円

ライセンスについて

一人で飛ぶにはライセンスが必要で、以下の4種類があり講習を受けることで取得できる。
A証から徐々に難易度が上がる。
いずれかを取得すれば一人で飛べる。

  1. A級パイロット技能証(A証)
  2. B級パイロット技能証(B証)
  3. ノービスパイロット技能証(NP証)
  4. パイロット技能証(P証)

費用に関してはどの技能証を目指すのかによりコースが分かれる。

A証:20000円+α(入校料など)=計3~40000円くらい?

B証/NP証/P証:30000+α(入校料など)=計4~50000円くらい?

また、2人乗り向けのタンデムパイロット技能証というのもある。