言語系

ジオラマ

皆さんは「ジオラマ」と聞いてどんなものかイメージつきますか?

私は全く何もイメージできませんでした。。。

でも、聞いたことあるようでないような・・・という感じ。

パノラマの意味を調べている際にこの単語見つけたので

調べてみました。

意味

実際見た景色などをそのまま立体的に表現すること

また、その展示方法のこと。

立体模型を用いて遠近法を使うことで、

現実世界を見ているような感覚になる。

日本でジオラマが見れる場所

  • 東武ワールドスクウェア(栃木県日光市)
  • 浜松ジオラマファクトリー(静岡県浜松市)
  • さかつうギャラリー(東京都・巣鴨)
  • スモールワールズ(東京都・有明)

例文

  • この素晴らしい景色をジオラマで再現したい
  • このジオラマは細部にもこだわりが見えて感動する
  • こういうジオラマ見るの楽しいね

※プラモデルが趣味であれば聞く機会があるかもしれないが、あまり日常会話では使われないかなと

類語

予備知識

ジオラマの歴史

最初にジオラマが誕生したのは、19世紀はじめのフランスです。ルイ・ジャック・マンデ・ダゲールという画家が最初にジオラマを生み出しました。

そのジオラマは箱の中に背景画と模型を配置し、効果的な照明を当てたものを、取付けられた窓から覗くものでした。

それから次第に背景画ではなく「模型」を中心とした作品へと変わっていき、現在に至る。

ジオラマモードとは

デジタルカメラの機能の中に「ジオラマモード」や「ミニチュアモード」

といった機能を目にした人もいるかもしれない。

この機能は実際の風景をミニチュアのようにとる手法のこと。

例として下に実際のジオラマモードで撮った写真を貼りますね。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。