言語系

サグラダ・ファミリア

サグラダファミリアとは

簡単に

サグラダファミリアはスペインの都市バルセロナにある巨大な教会です。

今もなお建設中ですが、完成も近く世界遺産にも登録されている。

もうちょい詳しく

サグラダファミリアは建築家のアントニ・ガウディの未完成の最高傑作です。

1882年から建設が開始し現在(2024年)もなお建設が続いています。

2020年に新型コロナウイルスの影響により建設ストップを余儀なくされ、

建設完了目途が立たずにいたが2026年に完成すると発表された。

建設開始当時は完成までに約300年かかるといわれていたが、

技術の進歩によりその約半分もの期間を短縮できた。

サグラダファミリアの構造について

3つファサード

サグラダファミリアには「生誕のファサード」「受難のファサード」「栄光のファサード」

の3つのファサード(入口や門)があります。

18個の塔

サグラダファミリアの各塔は「イエス・キリスト」「聖母マリア」

「4人の複音史家」「12使徒」を表し合計18塔あります。

見取り図

「① イエス」「② マリア」「③ 聖ルカ」「④ 聖マルコ」「⑤ 聖ヨハネ」「⑥ 聖マタイ」「⑦ マタイ」「⑧ ユダ」「⑨ シモン」「⑩ ベルナベ」「⑪ 小ヤコブ」「⑫ バルトロマイ」「⑬ トマス」「⑭ フィリポ」「⑮ 大ヤコブ」「⑯ パウロ」「⑰ ペトロ」「⑱ アンデレ」

建設中でも見学ができる

サグラダファミリアは建設中でも中に入って見学することが可能です。

ただ見学するには「生誕のファサード」「受難のファサード」のどちらかの

チケットしか買うことができないので、両方見たい場合は2つ買う必要がある。

特に人気なのは「生誕のファサード」である。

理由は建築家のアントニ・ガウディが生前時に造られたものを見ることができるからです。

チケットは4種類のコースがあり以下から選びます。

  • 入場券のみ
  • 入場券+専属ガイド付きのグループ見学
  • 入場券+専属ガイド付きのグループ見学+塔
  • 入場券+塔

塔というのは料金は高くなるが実際にエレベーターで塔を上ることができ、

そこからの景色や彫刻作品など見ることができる。

料金は以下の通りです。

塔付き:36ユーロ(6000円くらい?)

塔なし:26ユーロ(4000円くらい?)

 

最後までお読みいただきありがとうございます。